リース&リース

リース&リースとは

リース&リースとは

リース&リースにより手軽にオートリース事業の運営が可能です。安定した収益確保が見込めます。

リース&リースとは、貴社とマツダオートリースが提携し、自己資金のご負担がなく手軽にオートリース事業運営が可能になるシステムです。

オートリース事業における煩雑な管理業務のほとんどをマツダオートリースが代行。
貴社による面倒な業務は一切ありません。
また、貴社取引先や関連会社等からの毎月のリース料収入により、安定した収益確保が見込めます。

現在、オートリース業務を新規事業としてお考えの企業や、既に自社で取り組まれている企業に最もお勧めできるシステムです。

リース&リースとは

リース&リースのメリット

リース&リースのメリット

メリット1

資金調達が不要です。

車両の購入費用やメンテナンス費用、自動車保険料の支払いは、全てマツダオートースが行います。
貴社が資金調達する必要はありません。

メリット2

資金管理業務が不要です。

車両資産を簿価計上する必要がありません。
資産管理、減価償却などの業務が不要になります。

メリット3

オートリース営業に専念できます。

オートリース業務における煩雑な管理業務のほとんどをマツダオートリースが代行するため、
大幅なコストの削減が可能となります。従って、貴社はオートリースの営業に専念することができます。

メリット4

お客さまニーズの充足も可能です。

リース&リースと合わせて、マツダオートリースのメンテナンスサービスをご利用頂ければ、
お客さまに対するサービスメニューも多様化でき、お客様ニーズを充足することが可能です。

メリット5

安定した収益が確保できます。

貴社がお客さまから回収するリース料と、貴社からマツダオートリースにお支払い頂くリース料との
差額が貴社の収益となります。よって、利益とコストが明確になり、安定した収益確保が見込めます。

リース&リースのメリット

リース&リースの実用

リース&リースの実用

ケース1

新規事業として導入のケース

資産管理業務や保険代理店業務を行っている
グループ内子会社の新規事業として、オートリース事業を導入。

ケース1

リース&リースは手軽に導入できますので、増員の必要はありません。

ケース2

自社リースからの移行のケース

現在、自社でオートリース事業に取り組んでいるが業務負担や資金負担が重く、投資の割には利益が上がらない。

ケース2

リース&リースの導入で問題解決できます。

ケース3

オートリース子会社の設立のケース

グループ内企業や取引先企業をターゲットとし、オートリース業務を目的とした新規子会社を設立。

ケース3

新会社に関しては、マツダオートリースがバックアップします。

リース&リースの実用
  • リースバックはこちら
  • スイッチtoリースはこちら

オートリースに関するお問い合わせ

  • オートリースQ&A
  • お問い合わせ一覧
このページの先頭へ上がる